ダイハツ、ディズニーランドの新アトラクション「ベイマックス」を提供 2020年春オープン予定

ベイマックスのハッピーライド、体験シーン(画像はイメージ) (c)Disney
  • ベイマックスのハッピーライド、体験シーン(画像はイメージ) (c)Disney

ダイハツは4月15日、東京ディズニーランドが2020年春(予定)に導入予定の新アトラクション「ベイマックスのハッピーライド」を、同社が提供することになったと発表した。

ベイマックスのハッピーライドは、2020年春の開業に向けて取り組む、東京ディズニーランド大規模開発において「トゥモローランド」に登場する、ディズニー映画『ベイマックス』をテーマにしたアトラクション。投資額は約60億円。ベイマックスが見守る中、軽快な音楽に合わせて予測不能な動きをしながら回転するライドに乗って、ゲストそれぞれ の“ケア・ロボット”と一緒にハラハラ・ドキドキの体験を楽しむことができる。

ダイハツは、「東京ディズニーランド・パーキング」と「東京ディズニーシー・パーキング」、東京ディズニーシーの「マーメイドラグーンシアター」を提供しておりましたが、新たにベイマックスのハッピーライドが加わり、提供施設は4施設となる。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • トミカ×ディズニーのバレンタイン限定車がおいしそう 画像 トミカ×ディズニーのバレンタイン限定車がおいしそう
  • 「ミッキーとお出かけ」ヤマハ PAS、電動アシスト自転車初のディズニーモデル発売へ 画像 「ミッキーとお出かけ」ヤマハ PAS、電動アシスト自転車初のディズニーモデル発売へ
  • 『ベイマックス』人気続く…興収90億円突破、動員711万人 画像 『ベイマックス』人気続く…興収90億円突破、動員711万人
  • 【ダイハツ ミラトコット 4000km試乗】“変種”と思いきや、懐の深いベーシックカーだった[後編] 画像 【ダイハツ ミラトコット 4000km試乗】“変種”と思いきや、懐の深いベーシックカーだった[後編]

特集

おすすめのニュース