西武園ゆうえんちで名車が“百花繚乱”…西武園ヒストリカG.P.2019

西武園ヒストリカG.P.2019
  • 西武園ヒストリカG.P.2019
  • 西武園ヒストリカG.P.2019
  • 西武園ヒストリカG.P.2019
  • 西武園ヒストリカG.P.2019
  • 西武園ヒストリカG.P.2019
  • 西武園ヒストリカG.P.2019
  • 西武園ヒストリカG.P.2019
  • 西武園ヒストリカG.P.2019

埼玉県所沢市にある西武園ゆうえんちで4月7日、「西武園ヒストリカG.P.2019」が開かれ、歴代の名車や旧車、スーパーカーなど様々な車が集まった。

このイベントは、会員登録数が530名を超える自動車愛好家の集まり「オートモビルクラブジャパン(ACJ)」(事務局:東京都国立市)と「西武園ゆうえんち」のコラボレーションによるもので、今回で7回目。

昨年までは園内をイルミネーションで飾るアトラクションが行われ、ヒストリックカーとのコラボを夕刻から夜にかけて開催していた。しかし今年からイルミネーションが3月で終了したために、今回から昼間に行われることとなった。

参加資格は、ACJ会員を中心に2010年までに生産された国産・外国車とされてはいるが、スーパーカーや希少車なども年式を問わずエントリー可能で、新しめでもレアならOKという緩やかなもの。今回は一般のエントリーも受け付け、更にバラエティ豊かなイベントとなった。

こうして集まったのは、80台近く。ACJに所属する車両数は多く、軽自動、商業車、国産車、外国車、スーパーカーなどと幅広いのが特徴だから、この日も様々な車が見られた。360cc時代のマツダ『シャンテ』や三菱『ミニカスキッパー』、シングルナンバーの初代トヨペット『クラウン』や米軍払い下げのジープ、ウィリス『M38』、ランボルギーニ『ミウラS』やフェラーリ『ディーノ246GT』、超希少なトライアンフ『イタリア2000』など、まさに名車・旧車が百花繚乱(ひゃっかりょうらん)の状態であった。

開場は西武ゆうえんちの西口の入口ロータリーとあって、小さな子供を連れた家族もたくさん見られた。中にはかわいらしいスバル『360』のシートに座らせてもらって楽しそうに記念写真を撮る姿などもあり、桜の花吹雪が舞う中、終日多くの人出でにぎわった。

《嶽宮 三郎》

編集部おすすめのニュース

特集