クボタ、農耕トラクタ 281台をリコール クラッチペダル不具合のおそれ

改善箇所説明図
  • 改善箇所説明図
  • 改善箇所説明図
  • 改善箇所説明図

クボタは4月2日、農耕トラクタ「M7131」などのクラッチペダル戻しスプリングについて、フック部が破損するおそれがあるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象となるのは計7車種で、2015年7月28日~2017年7月27日に製造された281台。

不具合の原因は、クラッチペダル戻しスプリングにおいて、当該スプリングのフック部の強度が不足しているため、フック部が折損することがある。そのため、クラッチが常時切れた状態となり、走行できなくなるおそれがある。

改善措置として、全車両、クラッチペダル戻しスプリングを対策品に交換する。

不具合や事故は起きていない。社内からの情報によりリコールを届け出た。

《丹羽圭@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • クボタ、北米の大型トラクタ事業を加速…現地メーカーとカスタムOEMで合意 画像 クボタ、北米の大型トラクタ事業を加速…現地メーカーとカスタムOEMで合意
  • クボタ、米国で人気のオフロード専用多目的四輪車を逆輸入 7月より国内販売開始 画像 クボタ、米国で人気のオフロード専用多目的四輪車を逆輸入 7月より国内販売開始
  • 誤差、数cmで稲刈り---クボタ、GPS搭載の自動運転コンバイン発売へ  画像 誤差、数cmで稲刈り---クボタ、GPS搭載の自動運転コンバイン発売へ 

特集

おすすめのニュース