交通事故発生30日以内の死者数がマイナス…265人減の4166人 2018年

イメージ (AC)
  • イメージ (AC)
  • 30日以内交通事故死者数の推移
  • 人口10万人当たりの30日以内交通事故死者数

警察庁は3月29日、2018年の30日以内交通事故死者数が前年より265人少ない4166人だったと発表した。

「30日以内交通事故死者数」は交通事故発生から30日以内に死亡した人数。事故発生から24時間以内の死者数は前年より162人少ない3532人、24時間経過後、30日以内の死者数は前年より103人少ない634人だった。

死者数も含む負傷者数は5万5004人少ない52万5846人、このうち重傷者数は2337人少ない3万4558人だった。

年齢層別人口10万人当たり30日以内死者数で最も多いのは80~84歳で10.09人、次いで85歳以上の9.41人、75~79歳の7.76人と高齢者が続く。

状態別30日以内死者数では、歩行中が最多で1482人、自動車乗車中が1336人、自転車乗用中が636人、自動二輪車乗車中が438人、原付乗車中が261人。

《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • 2018年の交通事故死者数3532人---統計開始以来最低を更新、高齢者割合は増加 画像 2018年の交通事故死者数3532人---統計開始以来最低を更新、高齢者割合は増加
  • 高齢者の人口10万人当たり死者数は全年齢層の2倍 2018年上半期 画像 高齢者の人口10万人当たり死者数は全年齢層の2倍 2018年上半期
  • 交通事故死者数1000人、統計開始以来最も遅いレベル 2018年 画像 交通事故死者数1000人、統計開始以来最も遅いレベル 2018年
  • 児童の交通事故、1年生のピークは5月中・下旬…警察庁が注意喚起 画像 児童の交通事故、1年生のピークは5月中・下旬…警察庁が注意喚起

特集

おすすめのニュース