トヨタ東京地区販売店8社、顧客情報流出の疑い 最大310万件

東京トヨタ自動車(webサイト)
  • 東京トヨタ自動車(webサイト)

トヨタ自動車は3月29日、東京地区販売店の顧客情報が最大310万件社外に流出した可能性があることが判明したと発表した。

顧客情報流出の可能性がある販売店は、同社販売子会社であるトヨタ東京販売ホールディングス傘下の東京トヨタ自動車、東京トヨペット、トヨタ東京カローラ、ネッツトヨタ東京、トヨタメトロジックの5社に加えて、レクサス小石川販売、ジャミール商事(レクサス練馬)およびトヨタ西東京カローラの合計8社。

3月21日、ネットワーク上の不正アクセスがあり、サーバーに保存されていた8社の顧客情報が最大310万件社外に流出した可能性があることが判明した。なお、今回流出した可能性がある情報には、クレジットカードに関する情報は含まれていない。現時点では顧客情報が流出したという事実は確認されていないが、引き続き詳細の調査を進めていく。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • ポルシェジャパンへの不正アクセス、新たに最大2855件の顧客情報流出を確認 画像 ポルシェジャパンへの不正アクセス、新たに最大2855件の顧客情報流出を確認
  • H.I.S.、国内バスツアーの顧客情報約1万2000人分が流出 画像 H.I.S.、国内バスツアーの顧客情報約1万2000人分が流出
  • ZMP、顧客情報9124件がインターネットの投稿サイトに流出 画像 ZMP、顧客情報9124件がインターネットの投稿サイトに流出
  • 自動車保険に「先進安全自動車割引」と「不正アクセス特約」 三井ダイレクト損保 画像 自動車保険に「先進安全自動車割引」と「不正アクセス特約」 三井ダイレクト損保

特集