ボルボ XC60、安全装備強化など一部仕様変更 価格は15万円アップ

ボルボ・カー・ジャパンは、ミッドサイズSUV『XC60』の一部仕様と価格を変更し、3月27日より販売を開始する。

今回の仕様変更では、「CTA(クロス・トラフィック・アラート)」に衝突回避・被害軽減ブレーキ機能を追加した。駐車スペースから後退して出発する際、リアバンパーに内蔵されたミリ波レーダーが接近する車両、歩行者やサイクリストを検知。警告音で知らせるだけでなく、新たに衝突回避または被害軽減を図るブレーキが作動する。また、車線中央を保持できるよう支援する「パイロット・アシスト(車線維持支援機能)」に、ステアリングの微振動で一時解除を知らせる新機能を追加した。

また、スポーティグレードの「R-デザイン」に、専用デザインとしてサイドウインドートリム、ドアミラーカバー、インテグレーテッド・ルーフレールにグロッシーブラック仕上げを採用。新たに専用オープングリッドテキスタイル/レザーコンビネーションシートを採用した。

新価格は一律15万円アップの614万円から924万円。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース