ジョルダン、MaaS向けモバイルチケットの取り扱いを開始 5月から

ジョルダンのWEBサイト
  • ジョルダンのWEBサイト

乗換案内サービスの大手のジョルダンは3月26日、MaaS(モビリティ・アズ・ア・サービス)として全国の自治体や観光施設、交通事業者を対象に、5月から新モバイルチケットの提供を開始すると発表した。

サービスは、全国の自治体や観光施設、交通事業者向けに、インバウンド対応も可能なアプリとサービスで、英国Masabiが提供するモバイルチケッティングサービス「ジャストライド」を活用する。

新モバイルチケットは、全国の自治体や観光施設、交通事業者を対象に提供するもので、交通による移動に加え、観光や買い物、飲食などの企画切符や高速バス切符の機能をスマートフォンで完結できる。自治体や交通事業者が提供するサービスを利用する生活者は、スマートフォン上でチケット購入、乗車までをシームレスに行うことが可能になる。

購入したチケットは、予約客のスマートフォン画面に、二次元コードまたは目視可能な状態で表示され、スマートフォンだけで移動することが可能となる。また、多言語対応をしているため、増加が見込まれる外国人観光客にも利用しやすいものを提供する。

ジョルダンでは、自治体や交通事業者向けにサービスの開発を行っており、交通事業者であれば約3カ月で提供が可能となる。ジョルダンでは、1年以内に、新モバイルチケットを10以上の自治体・交通事業者などへの導入を目指す。

《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集