スフィアライト、コントローラー内蔵型LEDヘッドライトを参考出展…東京モーターサイクルショー2019

スフィアライト(東京モーターサイクルショー2019)
  • スフィアライト(東京モーターサイクルショー2019)
  • スフィアライト(東京モーターサイクルショー2019)
  • スフィアライト(東京モーターサイクルショー2019)
  • スフィアライト(東京モーターサイクルショー2019)
  • スフィアライト(東京モーターサイクルショー2019)
  • スフィアライト(東京モーターサイクルショー2019)

LEDヘッドライトを販売するスフィアライトは、バイク用LEDヘッドライト「ライジング2」を東京モーターサイクルショー2019に展示。従来の製品から光量を150~200%アップさせたモデルで、ホワイト(6000K)とサンライト(4500K)、ハロゲン色(3200K)の3種類発売中。

また、2019年発売予定の新商品も参考出展されていた。こちらはLEDバルブにコントローラーを内蔵したモデルで、既存のハロゲンバルブを交換するだけで使用可能となる。製品と同等レベルのものが展示されていたが、スタッフによると、これから商品化に向けて光量の調整や耐久性のテストを行っていくそうだ。

《佐藤隆博》

編集部おすすめのニュース

特集