名鉄に初の防犯カメラ付き車両、名古屋駅は4線化へ向けて再開発へ 2019年度設備投資計画

2019年度に登場する9500系
  • 2019年度に登場する9500系
  • 2019年度に登場する9500系
  • 名鉄名古屋駅の再開発に伴なう4線化計画の概要。

名古屋鉄道(名鉄)は3月25日に発表した2019年度設備投資計画で、新型車両9500系を16両新造することを明らかにした。

9500系は、名鉄としては初めての防犯カメラや、多言語対応の車内案内表示器、無料WiFi (MEITETSU FREE Wi-Fi)を装備した車両で、2019年度は4両編成4本が登場する予定。

車内WiFiは2200系や1200系の一般車にも、多言語対応の車内案内表示器は2200系などにも装備され、インバウンド旅客に対応する。

車両以外の設備関連では、名古屋本線新安城駅(愛知県安城市)の橋上化、名古屋本線西枇杷島駅(愛知県清須市)と豊川線豊川稲荷駅(愛知県豊川市)の駅舎改築、小牧線味美(あじよし)駅(愛知県春日井市)や瀬戸線水野駅(愛知県瀬戸市)の駅舎新設・改良に着手する。

このほか、名鉄の一大拠点駅である名鉄名古屋駅(名古屋市中村区)周辺の再開発計画の具体化も進められ、現在、2線で列車の発着を賄っている同駅を4線化する計画が明らかにされている。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

特集