加工食品物流での労働時間改善を検討、大型連休対策も

国土交通省は、加工食品物流の生産性向上、労働時間改善のための方策を検討する。加工食品物流に関する「ホワイト物流」推進運動の進め方について検討するとともに、今後の大型連休や大規模イベントの際の物流に関しても検討する。

国土交通省では、トラックドライバーの長時間労働改善を図るとともに、物流の生産性向上を図るため、個々の輸送品目ごとにトラック運送事業者、発着荷主の関係者が連携してサプライチェーン全体での取り組みを検討している。

今回、「第3回加工食品物流における生産性向上及びトラックドライバーの労働時間改善に関する懇談会」を3月25日に開催し、関係者における最近の取り組み状況や「ホワイト物流」推進運動の加工食品分野における進め方について議論する。

また、大型連休、大規模イベントの際の物流に関して関係者が意見交換する。

《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • 「共創」による物流効率化に向けてヤマト運輸からヒアリング---国交省の研究会 画像 「共創」による物流効率化に向けてヤマト運輸からヒアリング---国交省の研究会
  • 「ホワイト物流」推進運動を国民に呼びかけへ 国交省 画像 「ホワイト物流」推進運動を国民に呼びかけへ 国交省
  • 「トラック運送サービスを維持するためには一定のコストが必要」、荷主・物流事業者向けガイドライン 国交省が策定 画像 「トラック運送サービスを維持するためには一定のコストが必要」、荷主・物流事業者向けガイドライン 国交省が策定
Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース