あいおいニッセイ同和損保、群馬大学内に「次世代モビリティ事故・サービス研究室」を設置

運行管理センターと連携したトラブル・サポート体制(イメージ)
  • 運行管理センターと連携したトラブル・サポート体制(イメージ)
  • 画面にトラブル車両の位置情報、契約情報、車内カメラによる車内の様子を表示

あいおいニッセイ同和損保は、群馬大学内に「次世代モビリティ事故・サービス研究室」を設置、3月18日・19日に小豆島で自動運転車トラブル時のデモンストレーションを実施した。

自動運転車の普及に伴い、保険会社の事故・トラブル対応も大きく変化。将来的には、ドライバーがいない場合の対応フローの構築が必要となることが予想される。あいおいニッセイ同和損保では、2017年4月より群馬大学と産学連携を締結し、同大学内に研究室を設置。自動運転の実証実験を通じた保険商品面、事故の対応面からの諸課題についての共同研究を進めている。

今回、同社は新たに「次世代モビリティ事故・サービス研究室」を群馬大学内に設置。万が一の事故・トラブル時にも顧客の安全・安心が確保されるオペレーションのあり方について研究を進めていく。

同研究室では、自動運転バス等の走行を管制する運行管制センターとの連携を想定した、事故時の初期対応スキームの検討を開始しており、香川大学、群馬大学と明治大学による3大学自動運転公道実験@小豆島の会場にて、無人自動運転車の事故・トラブル時を想定したデモンストレーションを実施。運行管制センターと保険会社との間で、トラブル車両の位置情報、契約情報、車内カメラによる車内の様子等の情報が連携される様子を披露した。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集