旅客車両による鉄道の郵便輸送が復活…岐阜県の明知鉄道 3月16日から

日本郵便による客貨混載輸送が実施されることになった明知鉄道の気動車。
  • 日本郵便による客貨混載輸送が実施されることになった明知鉄道の気動車。
  • 現行の軽貨物自動車による輸送(上)と、明知鉄道を利用した客貨混載輸送(下)の流れ。

岐阜県の明知鉄道と日本郵便は3月12日、郵便物などの客貨混載輸送を3月16日から開始すると発表した(一部既報)。

これは、日本郵便の鉄道による客貨混載輸送が、国土交通省中部運輸局から物流総合効率化法に基づく総合効率計画として3月12日付けで認定されたことを受けたもの。日本郵便ではこれまでバスによる客貨混載輸送を行なってきたが、鉄道を活用した輸送は初となる。

この輸送では、岐阜県恵那市の恵那郵便局と明智郵便局の間で、軽貨物自動車により行なっている3便の輸送のうち、明智郵便局で夕・夜間に配達する郵便物などを積載する1便を鉄道輸送に切り換える。

出発駅である恵那駅では、車両の所定スペースに設けた専用ボックスに郵便物などを積み込むとしており、初日の3月16日は15時50分から恵那駅ホームで出発式が開催される。

国鉄時代は、一部のローカル列車で旅客車両の一部を仕切って郵便物などを輸送する例があったが、1986年10月の郵便輸送全廃までに姿を消している。JR東日本では房総地区のローカル列車で旅客車両による新聞輸送を行なっていたことがあったが、郵便物の輸送は国鉄時代以来となる。

日本郵便がこの取組みを開始することにより、ヤマト運輸、佐川急便を含む宅配大手三社すべてで客貨混載輸送が行なわれることになる。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

特集