パイオニア、通信ドラレコでMRの事故削減をサポート…ファーマIT&デジタルエキスポ2019に出展予定

通信ドライブレコーダー TMX-DM02-VA
  • 通信ドライブレコーダー TMX-DM02-VA

パイオニアは、3月18日から20日まで東京ビッグサイトで開催される、製薬業界に特化したIT技術が集結する専門展「ファーマIT&デジタルエキスポ」に出展する。

日本製薬工業協会の「環境報告書2018」によると、2016年度新卒MR(医薬情報担当者)の赴任後1年間の有責事故率は69.7%となっており、製薬関連業界では交通事故削減対策が課題となっている。パイオニアブースでは、同社のクラウド型運行管理サービス「ビークルアシスト」と連携する通信ドライブレコーダー「TMX-DM02-VA」を展示し、MRの自動車事故の防止・削減や行動管理をサポートするソリューションとして提案する。

TMX-DM02-VAは、事故や危険運転時に動画を自動で録画・アップロードするとともに管理者へ通知メールを送信。SDを回収して動画を確認する手間がなく、リアルタイムに車両の状況を把握できる。また、急ブレーキ多発地点である「ヒヤリハット地点」や危険挙動を音声と画面表示で警告。ドライバーの安全運転意識を向上させる。

ビークルアシストでは、通信ドライブレコーダーから送信される精度の高い車両位置情報や走行データを基に、リアルタイムに車両の状態を把握できるほか、正確な位置情報を記録した日報も自動で作成。直行直帰が多いMRの業務状況を管理できる。また、スマートフォン/タブレットと連携させることで、業務中・業務外の切り分けや、業務内容の入力が可能となり、車から徒歩に移動手段が変わっても切れ目のない一元管理を行うことができる。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集