コンチネンタルの純利益2.9%減、先進運転支援システム事業は好調 2018年通期暫定決算

コンチネンタルの交差点などでの事故を減らす先進運転支援システム
  • コンチネンタルの交差点などでの事故を減らす先進運転支援システム
  • コンチネンタルの最新の自動運転技術

コンチネンタル(Continental)は3月7日、2018年通期(1~12月)の暫定決算を発表した。

同社の発表によると、売上高は、444億0440万ユーロ(約5兆5300億円)。前年の440億0950万ユーロに対して、0.6%増加した。

一方、2018年通期の純利益は、28億9730万ユーロ(約3610億円)。前年の29億8460万ユーロに対して、2.9%の減益となっている。

そんな中、オートモーティブグループが、過去最高のおよそ400億ユーロを受注した。とくに、先進運転支援システム(ADAS)向け事業が好調だ。コンチネンタルは2019年、先進運転支援システム事業の売上高が20億ユーロを超えると見込む。

コンチネンタル取締役会のエルマー・デゲンハート会長は、「道路からクラウドまで、安全なコネクティビティを提供するために、信頼できるソリューションを開発していく」と語っている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集