ハーレー、24車種5000台をリコール クラッチが切れなくなるおそれ

改善箇所
  • 改善箇所

ハーレーダビッドソン ジャパンは3月6日、『ストリートグライド スペシャル』などのクラッチに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、『CVO ストリートグライド』、『CVO プロストリート ブレイクアウト』、『CVO リミテッド』、『CVO リミテッド アニバーサリー』、『CVO ロードグライド』、『ウルトラ リミテッド』、『ウルトラ リミテッド ロー』、『ウルトラリミテッド アニバーサリー』、『ストリートグライド』、『ストリートグライド アニバーサリー』、『ストリートグライド スペシャル』、『ストリートグライド スペシャル アニバーサリー』、『ソフテイル スリムS』、『トライグライド ウルトラ』、『トライグライド ウルトラ アニバーサリー』、『ファットボーイS』、『フリーウィーラー』、『ポリス エレクトラグライド』、『ポリス ロードキング』、『ロードキング』、『ロードキング スペシャル』、『ロードグライド』、『ロードグライド ウルトラ』、『ロードグライド スペシャル』の24車種で、2016年7月5日から2018年5月18日に製造された5489台。

油圧クラッチのクラッチアクチュエータにおいて、ピストン部のシールの材質が不適切なため、クラッチフルードが漏れるものがある。マスターシリンダー内の液面が下がり、クラッチフルード内に空気が混入し、最悪の場合、クラッチ操作ができなくなるおそれがある。

改善措置として、全車両、クラッチアクチュエータのピストンとシールを対策品に交換する。

不具合は2件発生、事故は起きていない。ド本国メーカーからの情報によりリコールを届け出た。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集