横浜ゴム、プレミアムカー向けからスタッドレスまで新商品展示へ…ジュネーブモーターショー2019

横浜ゴム ブースイメージ
  • 横浜ゴム ブースイメージ
  • ジュネーブモーターショー2018

横浜ゴムは、3月5日から3月17日までスイスで開催される「ジュネーブモーターショー2019」に出展、多数の新商品を披露する。

展示ブースでは、2018年からスタートした3か年の中期経営計画「グランドデザイン2020(GD2020)」におけるタイヤ消費財戦略のテーマである「プレミアムタイヤ市場における存在感のさらなる向上」を推進するため、具体的な活動に掲げた「プレミアムカー戦略」「ウィンタータイヤ戦略」「ホビータイヤ戦略」に基づいた展示を行う。

プレミアムカー戦略では、数多くのプレミアムカーに新車装着(OE)されてきた実績を紹介。同社の代表商品である高性能プレミアムカー向けタイヤ「ADVAN Sport V105」を展示する。

ウィンタータイヤ戦略では、ヨコハマスタッドレス史上最高性能を実現した乗用車用スタッドレスタイヤ「iceGUARD 6」に加え、欧州向けの乗用車用オールシーズンタイヤ「BluEarth-4S AW21」および乗用車・SUV用ウィンタータイヤ「BluEarth WINTER V905」など多様な冬用タイヤラインアップをアピールする。

ホビータイヤ戦略では、欧州初公開となるSUV・ピックアップトラック向けマッドテレーンタイヤ「GEOLANDAR X-MT」や、ヒストリックカー向けタイヤの新商品など趣味性を高めた商品を訴求。さらに同戦略の代表的商品であるストリートスポーツタイヤ「ADVAN A052」を装着した「NISSAN GT-R」を展示する。

その他、同社がワンメイクサプライヤーを務めるワールドツーリングカーカップ(WTCR)を紹介するコーナーやパートナーシップ契約を結ぶチェルシーFCの特別コーナーも設置。3月8日にはチェルシーFCのレジェンドで、横浜ゴムのアンバサダーを務めるディディエ・ドログバ氏によるファンとのQ&Aセッションを開催する予定だ。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集