【EMCE 2019】EV時代到来を見据えてEモビリティの最新動向を紹介、7月に東京で開催へ

Eモビリティ&サーキュラーエコノミー(EMCE)2019 イメージ
  • Eモビリティ&サーキュラーエコノミー(EMCE)2019 イメージ

スイスのICMは7月1~3日、東京都内において、「Eモビリティ&サーキュラーエコノミー(EMCE)2019」を開催する。

EMCE 2019はEVを中心に、循環経済をテーマにしたリサイクルイベントだ。IEA(国際エネルギー機関)によると、EVの普及台数は2016年の200万台から、2025年には7000万台に増加すると予想されている。EMCE 2019では各社の最新EVをはじめ、蓄電や給電に関するテクノロジーなど、Eモビリティの最も革新的なイノベーションを紹介する。

また、EMCE 2019では、複数のカンファレンスが予定されており、Eモビリティの関係者が交流を深め、情報交換する場となる。さまざまなワークショップやEVの試乗会も計画されている。

EMCE 2019の開幕前日の6月30日には、「Eモビリティ東京シティパレード」と題して、EVなどのパレードが行われる。7月2日には自動運転の将来や世界のEモビリティ市場に関するカンファレンス、7月3日にはEVの新素材やEVの蓄電池としての活用法に関するカンファレンスが開かれる予定だ。

なお現時点で、フォルクスワーゲンや中国自動車技術センター(CATARC)など、ドイツ、中国、日本、米国、フランス、スイス、ベルギーなどの世界各国から、42の企業や団体がEMCE 2019に参加する、としている。

Eモビリティ&サーキュラーエコノミー(EMCE)2019
https://www.icm.ch/emce-2019

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • ロータスとウィリアムズが提携、次世代パワートレイン開発へ…高性能電動車も視野に 画像 ロータスとウィリアムズが提携、次世代パワートレイン開発へ…高性能電動車も視野に
  • 欧州と中国の両自工会が提携、電動化やコネクト&自動運転で協力へ 画像 欧州と中国の両自工会が提携、電動化やコネクト&自動運転で協力へ
  • ZF、電動パワートレインのテストセンター開設へ…研究開発能力を強化 画像 ZF、電動パワートレインのテストセンター開設へ…研究開発能力を強化
  • ボルグワーナー、電動化戦略を加速…モーター技術2社を買収 画像 ボルグワーナー、電動化戦略を加速…モーター技術2社を買収
  • ボッシュ、電動モビリティを拡大…ダイムラーとのモーター生産合弁を完全子会社化へ 画像 ボッシュ、電動モビリティを拡大…ダイムラーとのモーター生産合弁を完全子会社化へ

特集

おすすめのニュース