ホンダアクセス、SUPER GT参戦マシンのカラーリングを公開

Modulo EPSON NSX-GT<#64>
  • Modulo EPSON NSX-GT<#64>
  • Modulo KENWOOD NSX GT3<#34>

ホンダアクセスは2月28日、2019年のSUPER GTシリーズのGT500クラスに参戦する「Modulo Nakajima Racing」とGT300クラスに参戦する「Modulo Drago CORSE」のマシンカラーリングを公開した。

参戦マシン「Modulo EPSON NSX-GT<#64>」と「Modulo KENWOOD NSX GT3<#34>」はカラーリングテーマを「ダイナミック」とし、車体、レーシングスーツ、チームウエアも、共通のデザインイメージを採用。今シーズンより両マシンともにマットブラックをベースに、より力強く、洗練されたカラーリングとし、赤と白の相互に関連性を持たせ、大胆に表現している。

なお、実車は、「Modulo EPSON NSX-GT<#64>」がモースポフェス- 2019 SUZUKA(3月2日~3日)、「Modulo KENWOOD NSX GT3<#34>」が岡山国際サーキットでの公式テスト(3月16日~17日)で、それぞれ披露する。

またホンダアクセスは、ピレリスーパー耐久シリーズ2019 ST-TCRクラスに継続参戦する「Modulo Racing with DOME」へのサポートも実施。昨年同様「Modulo CIVIC TCR」で、中野信治選手や大津弘樹選手がドライバーとして参戦する。さらに今シーズンは、新たな試みとして、ホンダアクセスプレスインフォメーションサイトを通じ、「Modulo Nakajima Racing」と「Modulo Drago CORSE」のレースダイジェストやドライバーコメントなど、動画で情報発信をしていく。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集