自動車タイヤ販売本数、暖冬で19%減 1月

イメージ (AC)
  • イメージ (AC)
  • 住友ゴム・ダンロップSP SPORT MAXX 050(参考画像)
  • AQ.AVANTE 0W-20(参考画像)

GfKジャパンが発表した1月の自動車用タイヤ販売本数は、前年同月比19%減と、大幅マイナスとなった。

夏タイヤは同2%増と伸びたが、降雪が少なかったこともあって冬タイヤが同36%減と大幅に落ち込んだ。タイヤ全体に占める冬タイヤの構成比は42%と、前年同月から12ポイント減少した。

サイズ別ではミニバン・セダン向けが中心の205/60/16の販売本数が同10%減と、他の主要サイズと比べてマイナス幅は小さかった。165/55/15は、同サイズを採用した軽自動車が拡大したこともあって同20%増と好調だった。

タイヤ全体の税抜き平均価格は横ばいの9200円だったが、販売額合計では同19%減となった。

同時に発表した1月の自動車用エンジンオイル販売量(リットル換算)は、同3%増とプラスに転じた。粘度別では、販売量の多い0W-20の販売量が同3%増、5W-30が同4%増とそれぞれ堅調だった。5W-40は同47%増と大幅に伸びた。

1リットルあたりの税抜き平均価格は横ばいで、販売金額合計では同3%増となった。

《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集