PSAのモビリティアプリ、電動車専用の新サービス導入へ…2019年発売の新型車から

PSAグループの「Free2Move」公式サイト
  • PSAグループの「Free2Move」公式サイト

PSAグループ(PSA Group)は2月18日、新たなモビリティサービス向けのアプリ「Free2Move」に、EVなどの電動車向け専用サービスを導入すると発表した。

Free2Moveは、カーシェアリング事業者とユーザーを結ぶモビリティサービスだ。スマートフォン向けのアプリを利用することで、ユーザーは簡単にEVのカーシェアリングサービスにアクセスできる特徴を備える。

PSAグループは今回、Free2Moveに、EVなどの電動車向け専用サービスを導入すると発表した。PSAグループは2019年、新型電動パワートレイン車を発売する予定で、専用サービスはこの新型電動パワートレイン車から、利用可能になる。

専用サービスのひとつが、「充電パス」だ。ユーザーは自分の車両に対応する充電ステーションを見つけて、利用することができる。現在地からの距離、充電料金、充電スピードなどに基づいて、充電ステーションを選択。充電ステーションが選択されると、車載のインフォメーションディスプレイに、最適なルートを表示する。

「トリップ・プランナー」も専用サービスだ。バッテリーの残量や速度や空調などの状況に基づいて、ドライバーに最善のルートを提案する。ユーザーはトリップ・プランナーの案内に従い、充電ステーションに立ち寄る。充電時間を含めたドライブ時間を予測して、ドライバーに知らせてくれる。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集