房総のサイクルトレイン『B.B.BASE』が初めて群馬へ…両国-高崎・前橋間で運行 5・6月

209系を改造した『B.B.BASE』。
  • 209系を改造した『B.B.BASE』。
  • 『B.B.BASE』の自転車積込状態。
  • 榛名山ヒルクライムin高崎
  • 両国駅

JR東日本高崎支社は2月14日、4月から開催される「群馬プレデスティネーションキャンペーン」の一環として、房総地区向けに運行しているサイクルトレイン専用車両『B.B.BASE』を初めて群馬県内へ向けて運行すると発表した。

『B.B.BASE』は2018年1月6日から両国駅(東京都墨田区)を起点に、千葉支社管内の房総地区へ向けて運行を開始。通勤型電車の209系を改造した6両編成で、自転車搭載用のサイクルラックを設置しているため、自転車の車内持込みを解体せずに行なうことができる。

群馬県内へ向けての列車は、5月18・19日に両国~高崎間で、6月2日に両国~前橋間でそれぞれ運行される。

時刻は5月18日が両国8時26分頃発~高崎12時17分頃着、5月19日が高崎16時頃発~両国20時56分頃着、6月2日が両国6時01分頃発~前橋9時56分頃着・17時頃発~両国20時56分頃着。いずれも、びゅう旅行商品として運行される。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

特集