米ホンダが個人向け乗用車販売で初の最量販ブランドに…シビック と電動車が貢献 2018年

ホンダの米国主力乗用車。左からインサイト、シビック、アコード、クラリティ
  • ホンダの米国主力乗用車。左からインサイト、シビック、アコード、クラリティ
  • ホンダ・シビック・セダンの2019年モデル
  • ホンダ・インサイト新型
  • ホンダ・アコード・ハイブリッド

ホンダ(Honda)の米国部門、アメリカンホンダは1月31日、2018年の米国新車販売において、ホンダが個人向け乗用車販売で初の最量販ブランドになった、と発表した。

ホンダの2018年の米国新車販売台数は160万4828台で、前年比は2.2%減と4年ぶりに前年実績を下回った。総販売台数160万4828台のうち、ホンダブランドは144万5894台で、前年比は2.8%減と、マイナスに転じている。

そんな中、企業やレンタカー向け販売を除いた個人向け乗用車販売では、ホンダは2018年、米国で66万7762台を売り上げた。これは、米国の調査会社、Urban Scienceのデータによるもので、ホンダが個人向け乗用車販売で、初の最量販ブランドに立ったという。

これに貢献したのは、『シビック』だ。アメリカンホンダによると、シビックが3年連続で米国個人向け乗用車販売ランキングのナンバー1を維持したという。

さらに、電動パワートレイン車の販売好調も、個人向け乗用車販売でホンダが初の最量販ブランドになった要因に。アメリカンホンダは、新型『インサイト』、『アコード ハイブリッド』、『クラリティPHEV』に牽引され、電動ホンダ車が過去最高の販売台数を達成した、としている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • VWグループ世界販売、1083万台で首位…ルノー日産三菱とトヨタ抑える 2018年 画像 VWグループ世界販売、1083万台で首位…ルノー日産三菱とトヨタ抑える 2018年
  • 三菱 エクリプスクロス の世界販売が8万台突破、日本は1万台超え…発売1年で 画像 三菱 エクリプスクロス の世界販売が8万台突破、日本は1万台超え…発売1年で
  • 中国新車販売2.8%減、日系首位は日産で2位にトヨタ浮上 2018年 画像 中国新車販売2.8%減、日系首位は日産で2位にトヨタ浮上 2018年
  • テスラ、EV大量生産に向けてコスト構造見直しへ…従業員の7%を削減 画像 テスラ、EV大量生産に向けてコスト構造見直しへ…従業員の7%を削減

特集