クラウド型運行管理で介護現場を支援、カーナビやドラレコを利用…パイオニアがケアテックス2019出展へ

クラウド型運行管理サービス「ビークルアシスト」
  • クラウド型運行管理サービス「ビークルアシスト」
  • 会場の東京ビッグサイト

パイオニアは、2月6日から8日まで、東京ビッグサイトで開催される介護業界最大級の専門展「第5回ケアテックス2019」に出展する。

パイオニアブースでは、カーナビやドライブレコーダーを用いて効率的かつ確実な送迎サービスを実現するクラウド型運行管理サービス「ビークルアシスト」を展示し、介護業界における働き方改革をサポートするソリューションとして提案する。

ビークルアシストは、業務用車載端末を通信回線でサーバーと接続し、車両の動態管理や危険運転の通知・分析など高度な運行管理・支援を行うクラウド型運行管理サービス。パイオニアでは、カーナビや通信ドライブレコーダーなど幅広い対応端末をラインアップし、顧客ニーズに合わせた最適なソリューションを提供している。

また、ビークルアシストと連携させることで、配車管理まで含めたサービスの提供が可能になる株ブルーオーシャンシステムの高齢者介護・障がい者支援事業所向け介護記録システム「ブルーオーシャンノート」も展示する。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集