西武の新型特急車『Laview』の運行開始は3月16日…池袋-所沢間は最速19分に

丸味を帯びた001系の先頭車。
  • 丸味を帯びた001系の先頭車。
  • 丸味を帯びた001系の先頭車。
  • イエローを基調にした001系のインテリア。
  • イエローを基調にした001系のインテリア。

西武鉄道(西武)は1月29日、001系『Laview(ラビュー)』の運行を3月16日に実施するダイヤ改正から開始すると発表した。

次世代の西武のフラグシップトレインに位置づけられている001系は、10000系「レッドアロー」以来、25年ぶりとなる新系列特急型電車。前面に曲線半径1500mmの三次元曲面ガラスを取り付け、先頭車がこれまでの西武特急にはない丸味を帯びたデザインとしているのが大きな特徴で、3月16日改正では8両編成7本が登場。2018年度にはもう1本、2019年度にはさらに5本が登場し、2019年度中に池袋線・西武秩父線の特急で運行している10000系をすべて置き換える計画。

運行区間は池袋~飯能・西武秩父間で、池袋~所沢間を最速19分で結ぶ。列車名、停車駅、特急料金とも現行の『ちちぶ』『むさし』と同様で、特急券は2月16日7時から西武線の特急券発売駅などで発売される。

イエローを基調にした001系のインテリア。
運用列車は次のとおりで、平日の『ちちぶ17号』、土休日の『ちちぶ5・13号』『むさし67号』は池袋~所沢間を19分で結ぶ。

■平日下り
『ちちぶ9号』池袋9時30分発~西武秩父10時53分着
『ちちぶ17号』池袋13時30分発~西武秩父14時48分着
『むさし27号』池袋17時発~飯能17時42分着
『ちちぶ37号』池袋19時30分発~西武秩父20時54分着
『むさし51号』池袋23時発~飯能23時40分着

■平日上り
『むさし6号』飯能6時11分発~池袋6時55分着
『むさし12号』飯能8時04分発~池袋8時48分着
『ちちぶ24号』西武秩父11時25分発~池袋12時44分着
『ちちぶ32号』西武秩父15時25分発~池袋16時44分着
『むさし42号』飯能18時36分発~池袋19時17分着
『ちちぶ56号』西武秩父21時25分発~池袋22時47分

イエローを基調にした001系のインテリア。
■土休日下り
『ちちぶ5号』池袋7時30分発~西武秩父8時51分着 ※3月16日に限り、池袋→所沢間で記念グッズを配布、団体・グループの予約受付なし。
『ちちぶ13号』池袋11時30分発~西武秩父12時48分着
『むさし67号』池袋15時発~飯能15時38分着
『ちちぶ29号』池袋17時30分発~西武秩父18時52分着
『むさし43号』池袋21時発~飯能21時40分着

■土休日上り
『むさし64号』飯能6時29分発~池袋7時10分着 ※3月16日に限り10000系で運行。
『ちちぶ20号』西武秩父9時25分発~池袋10時44分着
『ちちぶ28号』西武秩父13時25分発~池袋14時44分着
『むさし34号』飯能16時35分発~池袋17時17分着
『ちちぶ48号』西武秩父19時25分発~池袋20時46分着

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

特集