ドライブレコーダー出荷実績、依然として高水準 2018年10-12月期

イメージ (AC)
  • イメージ (AC)
  • オウルテック ドライブレコーダー「OWL-DR801G-2C」(参考画像)

電子情報技術産業協会とドライブレコーダー協議会は1月25日、2018年10~12月期のドライブレコーダー出荷実績を発表した。

業務用とコンシューマ用を合算した10~12月期のドライブレコーダー出荷台数は93万9116台、前年同期比9.5%増と、前年を上回った。ドライブレコーダーはあおり運転による交通事故がクローズアップされた昨年秋から需要が急増したことから、反動で伸び率は1ケタ台となった。

ただ、前期である2018年7~9月期と比べて8.8%増と伸びており、依然として高水準で推移している。

《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • ドライブレコーダーも4K時代到来、データシステムが高精細機種を展示…東京オートサロン2019 画像 ドライブレコーダーも4K時代到来、データシステムが高精細機種を展示…東京オートサロン2019
  • カーメイトのドライブレコーダー、アマゾン「アレクサ」に対応…音声操作が可能に 画像 カーメイトのドライブレコーダー、アマゾン「アレクサ」に対応…音声操作が可能に
  • パイオニア、関西オフィスサービスEXPOに通信ドライブレコーダーを出展 画像 パイオニア、関西オフィスサービスEXPOに通信ドライブレコーダーを出展
  • 7-9月期のドライブレコーダー出荷台数、前年同期比2倍の伸び 画像 7-9月期のドライブレコーダー出荷台数、前年同期比2倍の伸び

特集

おすすめのニュース