IoTを活用して除雪車の運行を支援---システムを開発

無人積雪量測位と除排雪車の運行管理をIoTで連携させた統合的除排雪システムの概要
  • 無人積雪量測位と除排雪車の運行管理をIoTで連携させた統合的除排雪システムの概要
  • Momoの積雪センサー「IoT積雪センシングシステム」
  • 「パレットIoT」により降雪情報を自動的に可視化する
  • 「BL-02」を搭載した除排雪車のイメージ

Momoとビッグローブは、無人積雪量測位と除排雪車の運行管理をIoTで連携する統合的除排雪システムの、2019年8月からの販売に向けて協業を開始すると発表した。

雪寒地域では、降雪対策が交通、通信、医療などの機能維持のため重要だが、高齢化による人手不足が進む一方で、異常気象による集中降雪など、タイムリーな対応が求められている。限られた人手と設備で降雪量を正確に把握し、効率的に除排雪することが課題となっている。

Momoは無人積雪測位が可能なIoT対応の積雪センサーを開発、2018年12月26日から会津若松市で実証実験を実施している。実験では、BIGLOBEのIoTデバイス「BL-02」を活用することでセンシングしたデータをクラウドに送信、広範囲のエリアにおけるタイムリーな積雪情報や、特定エリアの詳細な積雪状況など降雪量の見える化を実現している。

BIGLOBEのIoTデバイス「BL-02」は、2019年1月から地方自治体における除排雪車の運行管理端末を実証用に提供しており、除排雪車の動きの可視化を図っている。

無人積雪量測位IoTシステムの実効性を検証する。道路工事や電源の引き込みなど、大掛かりな工事が不要で、容易に設置できる積雪センサー「IoT積雪センシングシステム」をMomoが開発。人が測定していた積雪情報をレーザーで自動計測できるほか、MomoのIoTプラットフォーム「パレットIoT」と連携することで「BL-02」からクラウドに送られた積雪情報を自動的に可視化できる。会津若松市の市内4カ所における積雪データのリアルタイム計測を検証する。

また、GPSや10軸センサーを搭載したIoTデバイス「BL-02」を、除排雪車のエンジンと連動させることで、運転手の負荷を軽減しながらリアルタイムの自動トラッキングを実現する。除排雪車の効率的な運行管理や、複数自治体での重複申請といった不正防止など、除雪事業に関する課題解決の可能性を検証するほか、雪捨て場での渋滞状況監視など、非効率な除雪作業の課題を洗い出す。

会津若松市の無人積雪測位データと除排雪車の運行管理システムを連携させることで、統合的除排雪システムの実効性を検証する。

《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集