NEXCO中日本、新開発凍結防止剤「プロナト」の検証を今冬も実施---金属腐食を抑制

NEXCO中日本は12月26日、富山県立大学、土木研究所寒地土木研究所と共同で、橋梁の鉄筋などの金属腐食を抑制する「プロピオン酸ナトリウム」=プロナトを使った凍結防止剤の検証を実施すると発表した。

新開発の凍結防止剤は2017年度冬期に東海北陸自動車道の一部区間で試行的に散布し、散布作業での課題や散布の効果を検証したところ、一定の効果を確認した。

2018年度冬期は、昨冬の検証結果を補完するため、試行導入規模を拡大する。東海北陸自動車道・白川郷インターチェンジ(IC)~小矢部砺波ジャンクション(JCT)間で2019年1月下旬から4月上旬、北陸自動車道・小矢部IC~朝日IC間のうちの一部区間で2019年3月上旬から3月中旬にそれぞれ試行する。

試行導入では、作業性、臭気状況、積雪時の路面状態、積雪時の路面のすべり抵抗性、金属腐食抑制効果などを検証する。

また、本格導入に向けて検証するとともに、顆粒状プロナトの安定調達に向けて国内外の商社や化学薬品メーカーに対し、ヒアリングなどを通じて連携の可能性を確認する。

《レスポンス編集部》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース