ボルボ V40/V40クロスカントリー の特別仕様車 「タックエディション」「クラシックエディション」発売

V40クロスカントリーT5 AWDクラシックエディション(左)とV40 T3 タックエディション(右)
  • V40クロスカントリーT5 AWDクラシックエディション(左)とV40 T3 タックエディション(右)

ボルボ・カー・ジャパンは、『V40』シリーズ(Volvo V40)の新たなラインナップとしてベーシックモデルの「タックエディション(Tack Edition)」と充実装備の「クラシックエディション(Classic Edition)」を設定し、12月18日より発売する。

いずれもボルボでは伝統的にモデルライフ終盤に設定されるグレード名で、Tackはスウェーデン語で「ありがとう」の意味。

タック エディションは、1.5リットル直4ガソリンターボエンジン搭載の「V40 T3 キネティック」と2リットル直4ガソリンターボエンジン搭載の「V40クロスカントリー T5 AWD モメンタム」をベースに、PCC(パーソナル・カー・コミュニケーター)-キーレスドライブ機能やフロントシートヒーター、HDDナビゲ―ション・システムなどを装備した特別仕様車。

クラシック エディションは、1.5リットル直4ガソリンターボエンジン搭載の「V40 T3 インスクリプション」と2リットル直4ガソリンターボエンジン搭載の「V40クロスカントリー T5 AWD サマム」をベースに、パノラマ・ガラスルーフ、リアシートヒーターを装備した特別仕様車。

いずれのモデルも全6色のカラーコンビネーションを用意。価格はV40のT3 タック エディションが368万円、T3 クラシック エディションが428万円。V40クロスカントリーのT5 AWD タック エディションが434万円、T5 AWD クラシック エディションが469万円。

《丹羽圭@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集