東海-九州間で自動車部品輸送を開始 2019年3月「春のダイヤ改正」

JR貨物は12月14日、2019年3月16日に実施するダイヤ改正の概要を明らかにした。今回の改正では、トラックドライバー不足が深刻さを増していることを考慮して、中長距離区間の輸送力増強を図る。

長距離コンテナ列車では東京~九州間の輸送力を増強するため、東京貨物ターミナルを23時台に発車する神戸貨物ターミナルまでの1往復を福岡貨物ターミナルまで延長。26両編成でコンテナ130個の輸送力を確保する。

中距離コンテナ列車では、東京貨物ターミナル~福岡貨物ターミナル間63列車の東京貨物ターミナル~広島貨物ターミナル間、新潟貨物ターミナル~岡山貨物ターミナル間3096~2077列車の金沢貨物ターミナル~岡山貨物ターミナル間で各コンテナ10個、広島貨物ターミナル~越谷貨物ターミナル間5082列車の広島貨物ターミナル~相模貨物間でコンテナ15個を増やす。

また、名古屋臨海鉄道名古屋南貨物~熊本間の列車では自動車部品輸送を開始し、輸送区間となる名古屋南貨物~北九州貨物ターミナル間で往復コンテナ50個の直行輸送力を確保する。

なお、この改正を機に、高速・重けん引用のEF210形電気機関車が4両、駅構内入換用のHD300形ハイブリッド機関車が5両、コンテナ(両開きタイプ20D・妻側開きタイプ20G)が3950個増備される。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース