根室本線では釧路・根室市内の3駅が廃止に 2019年3月「春のダイヤ改正」

2019年3月のダイヤ改正で廃止されることになった根室本線尺別駅。
  • 2019年3月のダイヤ改正で廃止されることになった根室本線尺別駅。
  • 2019年3月31日限りで廃止される石勝線夕張支線では、改正日から臨時列車が運行される予定。写真は清水沢駅を出る下り列車。

JR北海道は12月14日、2019年3月16日に実施するダイヤ改正の概要を明らかにした。

北海道新幹線では、『はやぶさ5・11・38号』で青函トンネル内での160km/h運転が開始され、新青森~新函館北斗間では現行より4分短い57分となり、わずかに1時間を切る到達時間となる。新函館北斗駅(北海道北斗市)で新幹線と接続する『はこだてライナー』は時刻が見直される。

在来線では、261系特急型気動車が17両新製されるため、函館~札幌間の特急『スーパー北斗』2往復に同系を投入。振子式の281系特急型気動車で運行される列車は12往復中3往復のみとなる。

また、函館から札幌方面への下り最終列車となる『スーパー北斗23号』は新たに千歳駅(北海道千歳市)に停車し、札幌方面への普通列車と接続。南千歳は通過となる。

札幌~帯広・釧路間の特急では停車駅が見直され、石勝線トマム駅(北海道占冠村)が全列車通年停車に。『スーパーおおぞら1・7・8号』では追分駅(北海道安平町)と新夕張駅(北海道夕張市)が新たに停車駅に加わるが、これにより、追分~新夕張間の普通列車は10本中5本が廃止される。

普通列車では札幌圏で一部列車の延長や増発を実施。宗谷本線や石北本線では一部列車の時刻が見直され、旭川駅(北海道旭川市)での特急との乗継ぎが改善される。

このほか、2019年4月1日に廃止される石勝線夕張支線(新夕張~夕張間)では、利用が多く見込まれる3月16~31日に臨時列車を運行する。

なお、今回の改正では根室本線で「ご利用の少ない駅」が廃止されることになり、釧路市内の直別駅と尺別駅、根室市内の初田牛(はったうし)駅が姿を消す。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

特集