欧州カーオブザイヤー2019最終選考7台、日本車は2年連続ゼロ

メルセデスベンツAクラス
  • メルセデスベンツAクラス
  • プジョー508
  • シトロエンC5エアクロス
  • ジャガー I-PACE
  • アルピーヌA110

欧州カーオブザイヤー主催団体は11月26日、「カーオブザイヤー2019」の最終選考7台を発表した。

欧州カーオブザイヤーは、今年で32回を数える。欧州の20か国以上、約60名のジャーナリストが、2017年夏以降にデビューし、2018年内に欧州市場で発売予定の車を含めた新型車の中から、ベストな1台を選出する。

欧州カーオブザイヤー2019の最終選考7台は以下の通り。

●アルピーヌA110
●シトロエン C5 エアクロス
●フォード フォーカス
●ジャガーI-PACE
●キア シード
●メルセデスベンツAクラス
●プジョー508

日本車は、2年連続で1台も最終選考に残っていない。地元の欧州勢が大半を占め、シトロエン『C5エアクロス』、ジャガー初の市販EV『I-PACE』、新型メルセデスベンツ『Aクラス』、新型プジョー『508』などが、最終選考に駒を進めた。

欧州カーオブザイヤー2019は2019年3月、ジュネーブモーターショー2019で決定する予定だ。前回は、ボルボ『XC40』が栄冠に輝いている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • 2019ワールドカーオブザイヤー、ノミネート35車種…日本車は フォレスター など12台 画像 2019ワールドカーオブザイヤー、ノミネート35車種…日本車は フォレスター など12台
  • 【日本カーオブザイヤー2018-19】「今年のクルマ」上位10台が決定…最終選考は12月7日 画像 【日本カーオブザイヤー2018-19】「今年のクルマ」上位10台が決定…最終選考は12月7日
  • マツダ CX-8、日本自動車殿堂カーオブザイヤーを受賞 画像 マツダ CX-8、日本自動車殿堂カーオブザイヤーを受賞
  • 【池原照雄の単眼複眼】日産、中国ローカルブランドの「ヴェヌーシア」に注力…高付加価値路線で勝負 画像 【池原照雄の単眼複眼】日産、中国ローカルブランドの「ヴェヌーシア」に注力…高付加価値路線で勝負

特集