フォークリフト トヨタジェネオ、荷役装置の強度不足で溶接部破損のおそれ 改善対策

改善箇所
  • 改善箇所

豊田自動織機は、フォークリフト『トヨタジェネオ』『トヨタジェネオ-B』の荷役装置に不具合があるとして、国土交通省に改善対策を届け出た。対象となるのは2003年5月13日~2018年2月19日に製造された385台。

フォークリフト荷役装置のミドルマストアッパービームの溶接が不適切なため、強度が不足しているものがある。そのため、負荷の大きい荷役作業を繰り返し行うと溶接部が破損し、インナーマストがミドルマストから外れ、荷役作業ができなくなるおそれがある。

改善措置として、全車両、ミドルマストを対策品に交換する。

不具合および事故は起きていない。市場からの情報により届け出た。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集