メルセデスAMG GT R がさらに過激に進化…サーキット仕様「CS」がニュル激走

メルセデスAMG GT R CS スクープ写真
  • メルセデスAMG GT R CS スクープ写真
  • メルセデスAMG GT R CS スクープ写真
  • メルセデスAMG GT R CS スクープ写真
  • メルセデスAMG GT R CS スクープ写真
  • メルセデスAMG GT R CS スクープ写真
  • メルセデスAMG GT R CS スクープ写真
  • メルセデスAMG GT R CS スクープ写真
  • メルセデスAMG GT R CS スクープ写真

メルセデスAMGのスーパースポーツ『AMG GT R』シリーズに新たに高性能モデルが加わる。『AMG GT R CS(クラブスポーツ)』市販型プロトタイプを、カメラが初めて捉えた。

軽い偽装でニュルブルクリンクでの高速テストに現れた開発車両は、フロントスプリッター、カナードを装備。またフロントフェンダー後部には、ボディから突出した顕著なフィンなどレーサーのようなエアロパーツをまとっている。

リアビューでは、大型ウイング、エアアウトレット、ディフューザーの両側には、一対のツインエキゾーストパイプが装着されており、かなりアグレッシブなエクステリアだ。

「CS」はサーキット指向のモデルで、ポルシェの「バイザッハ・パッケージ」のような存在となる。カーボンファイバーを多用し、GT Rの1655kgから大幅な軽量化が図られるという。

パワートレインは、4リットルV型8気筒ツインターボエンジンを搭載。最高出力はベースモデルの585psを超える600ps程度が予想され、車格的にはGT Rと、今後登場が噂されるブラックシリーズの間を埋めるモデルとなる。

ワールドプレミアは2019年内の主要なモーターショーと予想される。

◆話題の新型車を最速スクープ『Spyder7』
http://spyder7.com/

《子俣有司@Spyder7》

編集部おすすめのニュース

特集