コンチネンタル純利益1.7%減、先進運転支援システムの売上は32%増 2018年1-9月期決算

コンチネンタルの最新の自動運転技術
  • コンチネンタルの最新の自動運転技術

コンチネンタル(Continental)は11月8日、2018年1~9月期の決算を発表した。

同社の発表によると、2018年1~9月期の売上高は、331億7430万ユーロ(約4兆2940億円)となり、前年同期の327億2560万ユーロに対して、1.4%増加した。

一方、2018年1~9月期の純利益は、21億8580万ユーロ(約2830億円)にとどまった。前年同期の22億2410万ユーロに対して、1.7%の減益となっている。

そんな中、オートモーティブグループは好調だった。とくに、自動運転などの先進運転支援システム(ADAS)事業の2018年1~9月期の売上高は、前年同期に対して32%伸びた。

コンチネンタルの2017年通期(1~12月)の売上高は、前年比8.5%増の440億0950万ユーロだった。2017年通期の純利益は、29億8460万ユーロとなり、6.5%の増益を達成している。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集