「今年のクルマ」ノミネート車27台が選出…日本カーオブザイヤー、最終選考は12月7日

スバル フォレスター 新型
  • スバル フォレスター 新型
  • ダイハツ ミラトコット
  • トヨタ カローラスポーツ
  • トヨタ・クラウン新型
  • 日産 セレナe-POWER
  • レクサス LS 新型
  • ホンダ クラリティPHEV(写真はプロトタイプ)
  • ホンダ CR-V 新型

日本を代表する「今年のクルマ」を決める「第39回2018-2019日本カー・オブ・ザ・イヤー」のノミネート車が31日、発表された。国産、輸入車16ブランド・全27台がラインアップ。この中からカー・オブ・ザ・イヤーが選ばれる。

2018-2019日本カー・オブ・ザ・イヤーは、2017年11月1日から2018年10月31日までに発表または発売され、年間の販売台数が500台以上見込まれている乗用車が対象となる。

モータージャーナリストをはじめとした60人の選考委員による審査・投票によって、年間を通じて最も優秀な車を選出する。

ノミネートされた27台は以下の通り。(公式サイト掲載リスト順)

【国産車】
●スバル・フォレスター
●ダイハツ・トコット
●トヨタ・カローラスポーツ
●トヨタ・クラウン
●レクサスLS
●日産・セレナe-POWER
●ホンダ・クラリティPHEV
●ホンダCR-V
●マツダCX-8
●三菱・エクリプスクロス

【輸入車】
●アルファロメオ・ステルヴィオ(クワドリフォリオ含む)
●アウディA7スポーツバック
●アウディA8
●BMW X2
●BMW X4
●DS 7 クロスバック
●ジャガー E-PACE
●メルセデスベンツCLS
●メルセデスベンツGクラス
●メルセデスベンツCクラス
●ポルシェ・カイエン
●ボルボXC40
●ボルボV60
●フォルクスワーゲン・ポロ(GTI含む)
●フォルクスワーゲン・パサートTDI
●フォルクスワーゲン・ティグアンTDI
●フォルクスワーゲン・ゴルフトゥーランTDI

なお、スズキ『ジムニー』(2018年7月発表)、トヨタ『センチュリー』(2018年6月発表)は条件を満たしているがノミネート、賞典を辞退。またホンダ『N-VAN』など商用車は対象に含まれない。

「第39回2018-2019日本カー・オブ・ザ・イヤー」は、11月7日に今回のノミネート車の中から投票により「10ベストカー」を選出、さらに12月7日に最終選考会、イヤーカーの発表・表彰式がおこなわれる。

《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集