マスターズヒストリックF1、最終エントリー23台を発表…鈴鹿サウンド・オブ・エンジン

モビリティランドは、11月17日・18日に鈴鹿サーキットで開催するヒストリックイベント「RICHARD MILLE SUZUKA Sound of ENGINE 2018」で行う「マスターズ・ヒストリック・フォーミュラワン in ジャパン」の最終エントリーリスト23台を発表した。

マスターズ・ヒストリック・フォーミュラワンは、F1世界選手権の前座として欧州で開催されているFIA管轄の公式レース。1966年から1985年に製造されたF1マシンのシャーシにフォード・コスワース・DFVエンジン(3リットル)を搭載して争われる。昨年はエキシビジョンとして開催されたが、今年は公式レースとして初開催する。

マスターズ・ヒストリック・フォーミュラワンの開催クラスと出場全23台は以下の通り。
■ジャッキー・スチュワートクラス(1972年末までに製造されたF1マシン)
マーチ「721G」(1972年)

■ニキ・ラウダクラス(1972年以降に製造されたフラットボトムのF1マシン)
ティレル「012」(1985年)

■エマーソン・フィッティバルディクラス(1973年以降に製造されたノングランドエフェクトカーのF1)
ローラ「T370」(1974年)、ロータス「76」(1974年)、マーチ「741」(1974年)、マーチ「761」(1976年)、マクラーレン「M23」(1976年)、ペンスキー「PC4」(1976年)、ヘスケス「308E」(1977年)、LEC「CRP1」(1977年)、ウルフ「WR1」(1977年)、フィッティパルディ「F5A」(1978年)

■パトリック・ヘッドクラス(1973年以降に製造されたグランドエフェクトカーのF1)
ロータス「78」(1977年)、ロータス「79/2」(1978年)、エンサイン「MN179」(1979年)、シャドウ「DN9」(1979年)、ブラハム「BT49」(1980年)、マクラーレン「M29」(1980年)、ウイリアムズ「FW07B」(1980年)、ウイリアムズ「FW07C」(1981年)、ロータス「91(No.2)」(1982年)、ロータス「91(No.12)」(1982年)、マーチ「821」(1982年)

また、マスターズ・ヒストリック・フォーミュラワン in ジャパン、および「タイムトラベルパーキング」のイベントタイトルスポンサーが「フュージョン コイン」に決定した。フュージョン コインは、2016年に誕生した3000万枚限定発行の仮想通貨。現在のマーケットの主流である様々な仮想通貨の長所だけを取り入れた設計を採用し、今後、ブロックチェーン技術を通じて、安全で信頼性の高い、金融サービスをグローバルに展開していく。

SUZUKA Sound of ENGINEの前売りチケットは現在発売中。イベント観戦1日券は大人2500円、中高生~3歳までは入園料で観戦可能。イベント観戦2日券は大人3500円、中高生1700円、小学生800円、3歳~未就学児600円。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース