EVを活用した最大需要電力削減パイロットプロジェクト開始へ 法人向けに日産など

V2B(Vehicle to Building)パイロットプロジェクト
  • V2B(Vehicle to Building)パイロットプロジェクト
  • 充放電イメージ

日産自動車、九州電力、イーレックスの3社は、『リーフ』を活用し、法人向けにEVの車載バッテリーからビルに放電することで最大需要電力(デマンド)を削減するV2B(Vehicle to Building)パイロットプロジェクトを、2019年1月から共同で開始すると発表した。

本プロジェクトでは、法人向けにリーフと充放電器を導入し、車載バッテリーの電気を活用することでデマンドの削減効果を検証するとともに、非常用電源としての活用も含めた受容性について確認を行う。各社の役割は、九州電力が使用電力データ分析によるデマンド削減効果や将来の事業化を見据えた事業性評価を行う。イーレックスは車両使用用途に応じたサービス適合性、顧客の受容性や満足度を確認するとともに、ガソリン車とEVでの車両関連コストを比較。日産自動車は、V2BによるEVの使われ方の確認を行う。

各社は本プロジェクトを通じて、EVを活用した新たなサービスの創出に向けた 知見の獲得を目指すとともに、今後の事業化についても検討していく。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • 三菱電機、EVバッテリー活用のエネルギーマネジメント技術開発…電力コスト5%削減 画像 三菱電機、EVバッテリー活用のエネルギーマネジメント技術開発…電力コスト5%削減
  • 日産など4社、V2G実証プロジェクトを開始 EVによる電力需給バランス調整など検証 画像 日産など4社、V2G実証プロジェクトを開始 EVによる電力需給バランス調整など検証
  • 三菱自動車など、オランダでV2Bの実証開始 PHEVとオフィスビルで電力を相互供給 画像 三菱自動車など、オランダでV2Bの実証開始 PHEVとオフィスビルで電力を相互供給
  • 日産と練馬区、EVを活用した災害時の電力供給で協力 試乗車の無償貸与など 画像 日産と練馬区、EVを活用した災害時の電力供給で協力 試乗車の無償貸与など

特集