伊藤忠商事、英国で個人間カーシェアリング事業へ参入

Hiyacarアプリ画面イメージ
  • Hiyacarアプリ画面イメージ

伊藤忠商事は10月24日、英国で個人間(P2P)カーシェアリング事業を展開するHiyacar社と資本提携(出資比率約18%)、同事業に参入すると発表した。

近年、スマートフォンやコネクテッドカー関連の技術革新により、P2Pカーシェアリングの普及が加速している。Hiyacar社はスマートフォンアプリとIoTデバイスにより、誰もが簡単にカーシェアリングのオーナー(貸し手)や利用者になることができるプラットフォームを構築し、英国で急速にシェアを伸ばしている。一方、伊藤忠商事は子会社のETEL社を通じ、「Kwik Fit」ブランドのもと、英国とオランダで地域最大手となる約930の店舗網でカーメンテナンス事業を展開している。

今回の資本提携により、伊藤忠商事は既存事業のKwik FitとHiyacar社の協業体制を構築。より安全かつ品質の高いサービスを提供し、カーシェアリング事業の推進を図るとともに、同事業に関連して蓄積される各種データの活用など、次世代モビリティ分野での新たな事業構築を図る。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • 世田谷区、公用車にカーシェアリング「タイムズカープラス」を採用 23区初 画像 世田谷区、公用車にカーシェアリング「タイムズカープラス」を採用 23区初
  • スマートのカーシェアアプリに最新版、買い物支援機能も…パリモーターショー2018 画像 スマートのカーシェアアプリに最新版、買い物支援機能も…パリモーターショー2018
  • ドコモ、dカーシェアにカレコ・カーシェアリングとカリテコを追加 画像 ドコモ、dカーシェアにカレコ・カーシェアリングとカリテコを追加
  • ルノーがEVカーシェア拡大、2022年までに自動運転車導入へ…パリモーターショー2018で発表 画像 ルノーがEVカーシェア拡大、2022年までに自動運転車導入へ…パリモーターショー2018で発表

特集

おすすめのニュース