プラットフォームはBMW、ベトナムの振興メーカーにみるクルマの新しい作り方…パリモーターショー2018

ヴィンファストLUX A2.0
  • ヴィンファストLUX A2.0
  • ヴィンファストLUX A2.0
  • ヴィンファストLUX A2.0
  • ヴィンファストLUX A2.0
  • ヴィンファストLUX A2.0
  • ヴィンファストLUX A2.0
  • ヴィンファストLUX A2.0
  • ヴィンファストLUX A2.0

「VINFAST(ヴィンファスト)」という自動車メーカーを知っている人は、そう多くはないだろう。なぜなら、これまで独自の自動車メーカーのなかった国であるベトナムの、新興自動車メーカーだからだ。

パリモーターショーでは『LUX A2.0』というセダンと『LUX SA2.0』というSUVの2台が公開された。開発はデザイン決定からなんと1年にも満たないほどの短期間でおこなわれたという。

ヴィンファストの親会社となる親会社はベトナムで不動産から農業まで幅広く事業をおこない急成長している巨大企業グループ。2019年からの市販を目指しているという。

興味深いのは、新しい自動車メーカーでノウハウがないにもかかわらず、どうして短期間で車両を開発できたのかということだ。デザインはピニンファリーナと共同とのことだが、デザインだけでクルマは作れるものではない。

秘密は、技術転用にある。セダンもSUVもプラットフォームは他の自動車メーカーから知的財産権を購入し、それをベースに設計したと言われているのだ。そのメーカーとはBMW。セダンは1世代前の『5シリーズ』、SUVは1世代前の『X5』のプラットフォームを基本としているというわけである。

そう言われてみると、シルエットは5シリーズやX5によく似ている。そしてインテリアも、たとえばパワーウインドウのスイッチやシート調整スイッチなどもBMWの面影を感じた。

エンジンはどちらも2.0リットル4気筒ターボだが、それもBMWのN20型からバルブトロニックを外すなどデチューンしたものだという。「技術がなければ買えばいい」というわけだ。

ただし公開された車両はまだ初期の試作車というレベルで、ウインドウはアクリルだし、ドア開口部の設計も鉄板のプレスを考えていない状況で、量産の水準ではなかった。

ちなみにベトナムではトヨタ、日産、ホンダ、マツダ、GM、ヒュンダイなどが現地生産をおこなっている。それらのメーカーと取引のあるサプライヤーを活用し、車両を製造する算段なのだろう。メガサプライヤーのボッシュやシーメンスとも契約を結んだとも報じられている。

《工藤貴宏》

編集部おすすめのニュース

特集