水素をFCVにセルフで充填できるステーション、日本初 10月23日から稼働

セルフで水素を充填できるENEOS横浜綱島水素ステーション
  • セルフで水素を充填できるENEOS横浜綱島水素ステーション

JXTGエネルギーは10月18日、「ENEOS横浜綱島水素ステーション」(神奈川県横浜市)で、国内初となる燃料電池自動車(FCV)に水素をセルフ方式で充填できるサービスを10月23日から開始すると発表した。

FCVへの水素の充填作業は、高圧ガス保安法に基づき、国家資格と一定の経験年数を持つ保安監督者のもと、教育・訓練を受けた従業員のみがこれまで許可されていた。

今年5月に水素ステーション運営事業者の要望を受け、水素ステーションでのセルフ充填の要件や方法を示した「セルフ充填ガイドライン」を石油エネルギー技術センターが制定した。

これによってFCVユーザーは事業者と水素充填準備作業を行なう契約を結び、安全に関する講習を受講するなどの要件を満たすことで、水素を自ら充填するセルフ方式ができるようになった。

同社では、グループ会社を含めた社員が1カ月強検証した結果、水素セルフ充填の安全性・操作性に問題ないことを確認、実用化する。

ENEOS横浜綱島水素ステーションで、セルフ化の効果を検証した上で、他の水素ステーションへの展開を検討していく予定。

《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集