ZF、3Dの車内モニターシステム開発中…自動運転か否かを判断

ZFが開発中の3Dの自動車インテリアモニターシステムのイメージ
  • ZFが開発中の3Dの自動車インテリアモニターシステムのイメージ

ZFは10月15日、3Dの自動車インテリアモニターシステムを開発していると発表した。自動運転時代の到来を見据えた技術となる。

3Dの自動車インテリアモニターシステムでは、室内のカメラがドライバーが運転操作を行っているのか、それとも運転操作を車両に任せる自動運転モードなのかを検出。これにより、緊急時にドライバーが迅速に運転操作を再開できるかどうかを判断する。

また、システムは乗員の位置を検出。万一の事故の際、シートセンサーとともに、エアバッグやシートベルトプリテンショナーの作動速度を判断する。室内のカメラは、シートベルトバックルセンサーの機能を補完し、乗員が適切にベルトを着用しているかどうかを確認する。

さらに、このシステムは、子どもの車内放置による死亡事故の防止にも貢献。システムが車内に取り残されている子どもを検知すると、車の所有者のスマートフォンに連絡すると同時に、車内温度を下げるために自動的に窓を開け、ホーンや緊急フラッシャーを作動させて、周囲に助けを求める。

なお、ZFは3Dの自動車インテリアモニターシステムを2021年後半から生産する計画、としている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • ルノーの完全自動運転EVが進化、住宅のインテリアとして機能 画像 ルノーの完全自動運転EVが進化、住宅のインテリアとして機能
  • 【CES 2017】BMW、次世代インテリア初公開…完全自動運転に対応 画像 【CES 2017】BMW、次世代インテリア初公開…完全自動運転に対応
  • アディエントの自動運転向けシート、前後にエアバッグ内蔵…デトロイトモーターショー2018 画像 アディエントの自動運転向けシート、前後にエアバッグ内蔵…デトロイトモーターショー2018
  • ルネサス、センシングから車両制御まで支援する自動運転プラットフォーム公開 画像 ルネサス、センシングから車両制御まで支援する自動運転プラットフォーム公開

特集

おすすめのニュース