プレミアム静電入力操作、アルプス電気のR79対応次世代ステアリング…CEATEC 2018

アルプス電気(CEATEC 2018)
  • アルプス電気(CEATEC 2018)
  • アルプス電気(CEATEC 2018)
  • アルプス電気(CEATEC 2018)
  • アルプス電気(CEATEC 2018)
  • アルプス電気(CEATEC 2018)
  • アルプス電気(CEATEC 2018)
  • アルプス電気(CEATEC 2018)

自動運転が普及するころ、自動車の運転席まわりはこうなる。そんな近未来をみせてくれたのは、アルプス電気。(CEATEC JAPAN 2018)

同社ブースは、CASE や Premium HMI(Human Machine Interface)にむけた取り組みをプッシュ。CASE は、Connected、Autonomous、Shared/Service、Electric の4要素。

今回は、「初展示」という自動運転へむけたプレミアムテクノロジーコクピットに注目が集まった。まずプレミアムテクノロジーコクピットは、自動操舵の国際基準「R79」に対応した次世代ステアリングがつく。このR79対応次世代ステアリングは、親指でタッチする感覚で運転席まわりのあらゆるスイッチ操作を実行できるというもの。

また、この次世代ステアリングにも採用されている新しい入力形態「プレミアム静電入力操作」は、同社の静電技術を応用。窓の開閉をジェスチャで行うなど、自動運転車の車内シームレス化を実現させるアイテムのひとつ。

「プレミアム感ある入力操作で、ワンランク上のユーザーエクスペリエンスを提供する」と同社。またタッチやグリップも検知し、ドライバーの手の動きを精密に追従。「R79に準拠するために必要となる、ハンズオフ検知が可能」という。

同社ブースではこのほか、国内むけ760MHzや海外むけ5.9GHzのV2Xモジュール、4G LTEモジュール、GNSSモジュール、リモートキーレスエントリ用やステアリング用のタクトスイッチなども展示。

業界最小・最軽量で1400A対応のコアレス車載用電流センサや、ペダル踏み込み角度をアナログで検出するブレーキペダルセンサなどにも注目が集まった。

「あ、これおもしろい」とつぶやきながらみんながトライしていたのは、フォースフィードバックとセンシング技術を利用した液晶ディスプレイ。スマホやタブレット端末への応用を想定した技術で、タッチした瞬間に、アナログのボタンを押したような感覚が手に伝わってくるというもの。

「スマホやタブレットをセンターコンソールに置いたとき、視線をスマホにむけることなく、タッチした感覚を伝えられる。スマホ脇見運転事故の防止などにもつながる技術」と伝えていた。

《大野雅人》

編集部おすすめのニュース

  • ミラーレスにAIを組み込んだUKCの提案 …CEATEC 2018 画像 ミラーレスにAIを組み込んだUKCの提案 …CEATEC 2018
  • 「ねえクローバ、未来までルート案内して」トヨタとLINEの会話型カーナビ、2019年夏デビュー…CEATEC 2018 画像 「ねえクローバ、未来までルート案内して」トヨタとLINEの会話型カーナビ、2019年夏デビュー…CEATEC 2018
  • デンソーが取り組む“もうひとつの”ワイヤレス給電方式…CEATEC 2018 画像 デンソーが取り組む“もうひとつの”ワイヤレス給電方式…CEATEC 2018
  • バブル直後、520万円で発売された伝説のバイクに出会った…知る人ぞ知る「ホンダNR」とは 画像 バブル直後、520万円で発売された伝説のバイクに出会った…知る人ぞ知る「ホンダNR」とは

特集

おすすめのニュース