ナビタイム、トラックカーナビの機能拡充 ルート情報と走行軌跡を共有可能に

実際に走行しているルート情報(左)と走行軌跡(右)を共有できる
  • 実際に走行しているルート情報(左)と走行軌跡(右)を共有できる

ナビタイムジャパンは、トラック専用ナビゲーションアプリ「トラックカーナビ」にて10月4日より位置共有機能を拡充。「ルート情報」と「走行軌跡」をユーザー間で共有できるようになった。

位置共有機能とは、トラックカーナビのユーザー間で、互いの情報をリアルタイムに共有して"つながる"機能。現在地、移動速度、目的地、到着予想時刻などを、最大50名のユーザーと共有できる。

今回の機能拡充では、実際に走行しているルートを地図上に表示して共有可能とした。走行中のナビ画面を高速・一般ルートで色分けし、次の目的地をGアイコンで表示。仲間が走っているルートを簡単に把握でき、あとどのくらいで配送先に到着するかなどをイメージしやすくした。

また、実際の走行軌跡を地図上に表示し、仲間がどの道を走行してきたのかがわかるようにした。別画面に切り替えることなく、走行中に位置共有が可能となった。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • ヤマト運輸、トラックドライバー確保に向けて準中型免許取得支援制度を拡充 画像 ヤマト運輸、トラックドライバー確保に向けて準中型免許取得支援制度を拡充
  • オリックストラックレンタル、移動事務所車の配備台数を215台に倍増 画像 オリックストラックレンタル、移動事務所車の配備台数を215台に倍増
  • 三菱ふそう、自動運転レベル2搭載の大型トラックを2019年発売へ 画像 三菱ふそう、自動運転レベル2搭載の大型トラックを2019年発売へ
  • いすゞの次世代トラック、エヌビディアの最新プラットフォーム導入へ…自動運転を推進 画像 いすゞの次世代トラック、エヌビディアの最新プラットフォーム導入へ…自動運転を推進

特集