日産、アウトドアの楽しさをプラスしたコンセプトモデルなどを出展予定…福祉機器展2018

アドベンチャーログキャビン
  • アドベンチャーログキャビン
  • ノートe-POWER助手席回転シート

日産自動車とオーテックジャパンは、10月10日から12日に東京ビッグサイトで開催される「第45回国際福祉機器展 H.C.R.2018」にライフケアビークル(福祉車両)を5台出展する。

今回の国際福祉機器展では、コンセプトモデル『アドベンチャーログキャビン』を展示する。『セレナ・チェアキャブスロープタイプ車いす仕様』をベースに、アウトドアアクティビティの楽しさをプラス。日産ライフケアビークルの「出かける喜びを、一人でも多くの方へ」という思いを込めたモデルだ。

そのほか、新電動パワートレインを搭載した『ノートe-POWER 助手席回転シート』や『セレナe-POWERチェアキャブスロープタイプ』、『NV350キャラバン チェアキャブ 車いす1+1名仕様』、『デイズルークス助手席スライドアップシート』の計5台を展示。あわせて、クルマの電動化や知能化に向けた技術開発「ニッサンインテリジェントモビリティ」についても紹介する。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集