山陽本線の貨物列車が再び迂回運行…伯備線・山陰本線・山口線を経由 台風24号

台風24号の影響で10月も山陽本線の貨物列車が伯備線・山陰本線・山口線を迂回することになった。
  • 台風24号の影響で10月も山陽本線の貨物列車が伯備線・山陰本線・山口線を迂回することになった。

JR貨物は10月4日、台風24号の影響で山陽本線柳井~下松間が不通になっていることを受けて、貨物列車の迂回運行を行なうと発表した。

山陽本線の貨物列車は岩国~新南陽間で運行を見合わせているが、9月30日に不通となった柳井~下松間は再開までに1週間以上を要することから、9月に続いて伯備線・山陰本線・山口線を経由する迂回貨物列車が運行されることになった。

下りは10月5日名古屋貨物ターミナル20時37分発福岡貨物ターミナル行きから、上りは10月6日福岡貨物ターミナル1時35分発名古屋貨物ターミナル行きから開始され、コンテナ貨車6または7両編成で運行される。

なお、JR貨物は、9月の迂回運行時に「植栽を無断で伐採したり田畑に無断で侵入したり、道路に違法駐車を行い一般の車両の通行の妨げになる等の行為が一部で見受けられました」として、迂回貨物列車を撮影するマニアに対して注意喚起も行なっている。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

特集