ヴァレオ、最新の自動運転車や都市向けEVのプロトタイプを発表…パリモーターショー2018

ヴァレオの都市向けEVのプロトタイプ車
  • ヴァレオの都市向けEVのプロトタイプ車
  • ヴァレオの自動運転車「Drive4U」
  • パリ市内の大気の質をリアルタイムで示すマップ

ヴァレオ(Valeo)は10月2日、フランスで開幕したパリモーターショー2018において、最新の自動運転車『Drive4U』や都市向けEVのプロトタイプを初公開した。

Drive4Uには、ヴァレオですでに量産実績のある超音波センサー、カメラ、レーザースキャナー、レーダー、AI(人工知能)などを搭載。ヴァレオによると、このテクノロジーによって、各センサーが収集するあらゆる情報を処理統合し、都市部で遭遇する複雑な事象を車が学習することが可能になるという。

ヴァレオのDrive4Uは、対面通行の道路、交差点、交通信号、トンネル、路面にマーキングがない道路といった都市部において、広範かつさまざまな交通事情への対応能力を持つ。自転車に乗っている人や歩行者への対応も図られた。

また、都市向けEVのプロトタイプ車は、今後求められる手頃な都市型自動車のあるべき姿を示すべく、都市での用途に適したサイズに設計。48Vのモーターを搭載しており、最高速100km/h、1回の充電での航続は150kmの性能を備える。

さらにヴァレオは、パリ市内の大気の質をリアルタイムで示すマップで、「Airparif」のデータを活用しARIAと連携して進めているプロジェクトを発表。ヴァレオのセンサーを搭載したおよそ20台の車がパリ市内を走行。リアルタイムで6種類の汚染物質のレベルを測定する。大気の質に関する情報を個別の場所ごとに正確に入手することで、例えば、汚染のピークを避けるようにカスタマイズされたルートを見つけたり、車の室内で汚染を抑制するシステムを作動させたりできるようになるという。ヴァレオは、都市部の大気の汚染レベルを知ることは、より斬新でクリーンなモビリティソリューションを生み出すうえで大変重要、としている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • マツダ、ロータリーエンジン復活へ…2030年に全車電動化、レンジエクステンダー搭載EVも開発 画像 マツダ、ロータリーエンジン復活へ…2030年に全車電動化、レンジエクステンダー搭載EVも開発
  • アイシン、1モーターHVトランスミッションや電気式4WDユニットを出展…EVS31 画像 アイシン、1モーターHVトランスミッションや電気式4WDユニットを出展…EVS31
  • マツダ 丸本社長「目をつぶってもマツダと分かるEVに」…2030年の全車電動化を公表 画像 マツダ 丸本社長「目をつぶってもマツダと分かるEVに」…2030年の全車電動化を公表
  • デンソー、新ブランド「ELEXCORE」を初披露…EVS31 画像 デンソー、新ブランド「ELEXCORE」を初披露…EVS31

特集