ポルシェ、スタートアップへの投資を強化…ARなど自動車のデジタル化を推進

ポルシェが実用化を目指すARヘッドアップディスプレイ
  • ポルシェが実用化を目指すARヘッドアップディスプレイ

ポルシェ(Porsche)は9月26日、今後5年間のスタートアップ企業への投資額を、1億5000万ユーロ(約200億円)増やすと発表した。

ポルシェは顧客体験、モビリティ、デジタルライフスタイル、人工知能(AI)、ブロックチェーン、VR(仮想現実)、AR(拡張現実)などの将来のテクノロジーに関するビジネスモデルへの投資に注力。このベンチャーキャピタル活動を通じて、ポルシェは早い段階と成長段階にあるスタートアップ企業への投資を模索している。

例えば、ポルシェはAR(拡張現実)技術を開発するスイスのWayRay社に出資。AR技術を導入した自動車向けヘッドアップディスプレイの実用化を目指す。ヘッドアップディスプレイは、運転に必要な情報をウインドシールドガラスの視野内に投影するもの。車速、ナビゲーションシステムと連携したルート案内など、各種情報を表示する。ドライバーにとっては、視線をそらさずに情報が得られる安全上のメリットが大きい。

ポルシェが目指すARヘッドアップディスプレイは、前方の障害物や駐車可能スペースなどの情報を、ドライバーにリアルに伝える。また、サーキットでの使用も想定されており、理想的な走行ラインやラップタイムなどの情報を分かりやすく表示する。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集