ボッシュが商用車の自動運転化を促進、成長領域として…ハノーバーモーターショー2018

自動車 ニューモデル モーターショー
ボッシュのプレスカンファレンス(ハノーバーモーターショー2018)
  • ボッシュのプレスカンファレンス(ハノーバーモーターショー2018)
  • ボッシュの自動運転トラック
  • ボッシュの自動運転トラック
ボッシュ(Bosch)は9月19日、ドイツで開幕したハノーバーモーターショー2018(IAA商用車、Hanover Motor Show)において、商用車の自動運転化を進めると発表した。

ボッシュは商用車の自動運転化を、商用車の電動化と並ぶ大きな成長領域と位置付ける。どちらの領域においても、今後10年間で2桁の市場成長が見込まれているという。 ボッシュは、先進運転支援システム(ADAS)が自動運転への道のりの一歩と考えている。

トラックが事故を起こした場合、死者が出るリスクは2倍になるとのデータもある。ボッシュにとって、このデータは、先進運転支援システムを使用して、トラックドライバーの安全を高める大きな理由になるという。ターンアシスタント、ブラインドスポット認識、予知緊急ブレーキシステムは、トラックの事故を防ぐ。ボッシュは他の製品に必要なレーダーセンサーも開発している。

また現在米国では、5万人のトラックドライバーが不足しており、10年以内に3倍に増える可能性がある。欧州も同様の状況。ボッシュはこれらの課題に答えるために、ハブとハブ間の自動運転化に大きな可能性を見出している。

将来、ドライバーレスの自動運転トラックが、デポの間を行き来する。この技術が、輸送業界の問題を解決し、物流会社のコスト、輸送量、安全性を向上させる可能性ある。ボッシュは、商用車の自動運転化により、労働コストだけでなく燃料も節約されることが見込まれる、としている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • テスラの電動トラック『セミ』に「マッドマックス」モード…自動運転のブラインドスポットに設定へ 画像 テスラの電動トラック『セミ』に「マッドマックス」モード…自動運転のブラインドスポットに設定へ
  • 運転席がない! ボルボ、自動運転EVトラックコンセプト発表 画像 運転席がない! ボルボ、自動運転EVトラックコンセプト発表
  • VWグループの自動運転トラックが隊列走行、積荷を届ける実証実験を開始 画像 VWグループの自動運転トラックが隊列走行、積荷を届ける実証実験を開始

特集

おすすめのニュース