ポルシェ、AR技術をヘッドアップディスプレイに導入へ…スイス企業に出資

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品
AR技術を導入するポルシェのヘッドアップディスプレイのイメージ
  • AR技術を導入するポルシェのヘッドアップディスプレイのイメージ
  • AR技術を導入するポルシェのヘッドアップディスプレイのイメージ
  • AR技術を導入するポルシェのヘッドアップディスプレイのイメージ
  • AR技術を導入するポルシェのヘッドアップディスプレイのイメージ
ポルシェ(Porsche)は9月18日、AR(拡張現実)技術を開発するスイスのWayRay社に出資すると発表した。AR技術を導入した自動車向けヘッドアップディスプレイの実用化を目指す。

WayRay社は、2012年に設立されたスタートアップ企業。本社をスイス・チューリッヒに置く。現在、250人以上の従業員を雇用。同社はロシア、中国、米国にもオフィスを構え、ドイツには2019年に生産拠点を設ける計画。

ヘッドアップディスプレイは、運転に必要な情報をウインドシールドガラスの視野内に投影するもの。車速、ナビゲーションシステムと連携したルート案内など、各種情報を表示する。ドライバーにとっては、視線をそらさずに情報が得られる安全上のメリットが大きい。

ポルシェが目指すARヘッドアップディスプレイは、前方の障害物や駐車可能スペースなどの情報を、ドライバーにリアルに伝える。また、サーキットでの使用も想定されており、理想的な走行ラインやラップタイムなどの情報を分かりやすく表示する。

ポルシェは、WayRay社と協力して将来的にポルシェの基準に準拠したソリューションを顧客に提供していく、としている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • 初出展のトヨタ紡織、VRドライブを楽しむ移動空間を提案 東京ゲームショウ2018 画像 初出展のトヨタ紡織、VRドライブを楽しむ移動空間を提案 東京ゲームショウ2018
  • BMW 8シリーズ 新型、生産をデジタル化…スマートウォッチやVRメガネを活用 画像 BMW 8シリーズ 新型、生産をデジタル化…スマートウォッチやVRメガネを活用
  • ポルシェ博物館、VR体験を導入…ブランド第一号車『356』を仮想組み立て 画像 ポルシェ博物館、VR体験を導入…ブランド第一号車『356』を仮想組み立て

特集

おすすめのニュース