WRCで6連覇の名車、ランチア デルタ…20台を復刻生産へ

自動車 ニューモデル 新型車
ランチア・デルタ・フトゥリスタ(グランドバーゼルモーターショー2018)
  • ランチア・デルタ・フトゥリスタ(グランドバーゼルモーターショー2018)
  • ランチア・デルタ・フトゥリスタ
  • ランチア・デルタ・フトゥリスタ
  • ランチア・デルタ・フトゥリスタ
  • ランチア・デルタ・フトゥリスタ
  • ランチア・デルタ・フトゥリスタ
  • ランチア・デルタ・フトゥリスタ
  • ランチア・デルタ・フトゥリスタ
イタリアのアウトモビリアモス(Automobili Amos)は9月8~9日、スイスで開催されたグランドバーゼルモーターショー2018において、ランチア『デルタ・フトゥリスタ』(Lancia Delta Futurista)を初公開した。名車、ランチア『デルタHFインテグラーレ』の復刻モデルだ。

ランチア「デルタ」とデルタHFインテグラーレは1987~1992年、WRC(世界ラリー選手権)で6連覇を成し遂げた栄光のラリーマシンの、ベースとなった車両。ハイパワーのターボエンジンに4WDを組み合わせ、当時のWRCで黄金期を築いた。

アウトモビリアモスは、スイスで開催されたグランドバーゼルモーターショー2018において、ランチア・デルタ・フューチャリスタを発表。オリジナルの車台をベースに、カーボンファイバーやアルミを使ったボディを新たに製作。車両重量は1250kgとした。

2.0リットル直列4気筒ガソリンターボエンジンは、最大出力を330hpレベルにまで強化。アウトモビリアモスは、30万ユーロ(約3870万円)の価格で、このランチア・デルタ・フトゥリスタを20台、復刻生産する計画を掲げている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • ポルシェ「極秘」旧車プロジェクト、全貌発表…最後の空冷 911 ターボを20年ぶりに新車で 画像 ポルシェ「極秘」旧車プロジェクト、全貌発表…最後の空冷 911 ターボを20年ぶりに新車で
  • 最も有名なボンドカー、アストンマーティンが台数限定で復刻へ…回転式ナンバープレート装備 画像 最も有名なボンドカー、アストンマーティンが台数限定で復刻へ…回転式ナンバープレート装備
  • 名車ジャガー Eタイプ を300hpのEVに、少量生産が決定…『Eタイプ ゼロ』 画像 名車ジャガー Eタイプ を300hpのEVに、少量生産が決定…『Eタイプ ゼロ』
  • まさかの復活!! 生産終了のランドローバー ディフェンダー、限定150台を生産 画像 まさかの復活!! 生産終了のランドローバー ディフェンダー、限定150台を生産

特集